ローソファの選び方やメリット・デメリットについて

ローソファーは小さな家に住んでいる人の味方!

近年、若年層の間で人気が爆発してきているローソファーは、小さな家(ワンルームなど)に住んでいる人の味方といえます。なぜなら、まずリクライニングしてシーツを敷けば、すぐに簡易ベッドへと早変わりします。そのため、ローソファーを持っていれば縦2m・幅1mくらいの本格的なベッドをなんとかして狭い部屋の中に置く必然性がなくなります。また、大掃除の時やワンルームの部屋に大勢の人がやってくる時にローソファーがやや邪魔になる場合は、壁に立てかけておくような事も出来ます。

ローソファーにもいくつかデメリットがある

一つ持っておくと何かと便利なローソファーですが、決してデメリット・弱点がないわけではありません。椅子の脚がないため座面が低く、高いテーブルとは合わせる事ができません。また値段が安めで簡易的な作りのローソファーは背もたれの幅が短く、長く座っていると首が疲れてしまいがちです。

ローソファーの選び方

ローソファーは簡易的な作りの低価格商品から本格的な高額商品まで、かなりの値段差があります。さらに、主流のリクライニングタイプからカウチタイプ・大きなコーナータイプ商品まで形状も様々なため、まず自分のニーズ・部屋の広さ・予算に一番合うのはどれなのかを見極めなければなりません。そのための方法として一番良いのは、インターネットのモールで商品検索をする形です。街の店では展示品の数に限りがありますが、オンライン上では大量の商品の中から高い確率で自分に合うものを見つけられます。

見つかった場合、街の大型家具店に行って座り心地などを確かめてから購入するのがベストですが、その時間もないのであればネット通販で購入するのも良いでしょう。

ローソファーのメリットは、背丈が低いため、ペットや子どもたちが安心して使える点です。また、リビングに設置しても圧迫感がなく部屋が広く見えます。

Popular Posts

Follow US